社団法人 全国個人タクシー協会 お問い合わせ サイトマップ
観光タクシーって? マスターって? 事業概要 マスターズ制度
エリア別 イベント・観光情報
サービスのご案内

個人タクシーについて
個人タクシーってなあに?
  個人タクシーの誕生
  個人タクシーの料金
  個人タクシーと法人タクシーの違い
  個人タクシーQ & A
  個人タクシーのお役立ち利用方法
個人タクシーの経営者になろう
個人タクシー業界の取り組み
支部のご案内
北海道内
青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
新潟、長野、富山、石川
東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬
愛知、静岡、岐阜、三重、福井
大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山
岡山、広島、山口
徳島、香川、愛媛、高知
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄本島
サイト内検索
Google
リンク集

携帯サイト
ケータイでも
個人タクシー
検索ができます!
http://www.kojin-taxi.or.jp/mobile/
ケータイでも個人タクシー検索ができます!
 
TOP > 個人タクシーについて > 個人タクシーってなあに?
個人タクシーの誕生

昭和30年代のタクシー業界は、運転者が過酷なノルマ達成のため、ともすれば無謀な運行を行い、いわゆる「神風タクシー」という悪名がたてられていました。また、多くの失業運転者が「白タク」を始めるなど輸送秩序を混乱させ、旅客の期待を無視するものとして世論の批判を浴びていました。良質で安全なタクシーを望む声は日増しに高まっていったのです。

こうした時代背景のなか、当時の楢橋運輸大臣は、これらの問題を解決する手段としてタクシー業界に新風を注入すべく、タクシーの個人営業への道を開くことを決定、昭和34年(1959年) 8月11日に「永年の無事故・無違反の優良運転者に夢を与え、業界に新風を送る」との大臣声明を発表しました。

こうして、ついに昭和34年12月、個人タクシーが誕生したのです。いわば世論の期待と支持こそが、個人タクシー誕生の最大の原動力であったと言えましょう。

その後、個人タクシーは「乗って安心」と評判が高く、事故率も低く安全で確実な輸送手段として定着し、今日に至っています。


タクシーの歴史

1912年(大正元年) 東京・銀座の街に日本で初めてのタクシーが走る。
1927年(昭和2年) 東京市内一円均一「円タク」が登場。
1938年(昭和13年) 戦時体制によりガソリンが切符制になる。
1941年(昭和16年) ハイタク、バスのガソリン使用が禁止され、木炭や薪を代用燃料として使用。
1946年(昭和21年) 第二次世界大戦後の混乱期、わずか1565台でタクシー業務を再出発。
1958年(昭和33年) 高度経済成長期のなか、神風タクシーや「白タク」の横行が国会で問題に。
1959年(昭和34年) 東京で個人タクシー営業が許可され、初免許173人が誕生。以後、各都市に免許区域が拡大。
1970年(昭和45年) タクシーのサービス向上を目的として、東京タクシー近代化センター(現:東京タクシーセンター)が設立。
1978年(昭和53年) 東京で初の乗合タクシーが走る。
1980年(昭和55年) 東京で小型タクシーが導入。
1987年(昭和62年) 東京でブルーラインタクシーが誕生。888台がスタート、以後、福祉タクシー、ワゴンタクシーなど様々なタクシーが登場。
1993年(平成5年) 運輸政策審議会が「今後のタクシー事業のあり方について」答申、以後、増減車の弾力化、運賃料金の多様化、事業区域の段階的拡大などが図られる。
1999年(平成11年) 運輸政策審議会が「タクシーの活性化と発展を目指して」答申、需給調整規制の廃止、運賃の上限規制の導入などを提言。
2002年(平成14年) 需給調整規制の廃止、運賃の上限規制の導入などを盛り込んだ改正道路運送法が施行。


    ページ上部へ